天候不順の日本海の夕景は期待外れ

自然が造る夕方の風景は毎日異なりますが、今年の秋は天候不順のため、きれいな夕日は観れない日が続いています。

でも、それにめげず午後から晴れると、今日こそは良いチャンスに出会えるのではないか思いながら海岸へ出かけています。

まあ~継続していれば予想しない場面に出会えるのではないかと期待しながら、そしてその期待は残念ながら打ち砕かれています。

これもすべて自然相手なので仕方がないと諦めています。

3S1A6739.jpg


3S1A6765.jpg

本日のフィナーレです。残念ながら水平線付近にある雲に太陽は消えていきました。

333T9715.jpg

ランキングに参加しています。
あなたの応援をマウスのボタンでクリックしてください

にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

写真(風景・自然) ブログランキングへ
er>

晩秋の鳥海山

標高東北2位の高さを誇る鳥海山(2,236m)は、静かに晩秋の時期を迎えようとしております。今年は天候が不順ですっきりとした

山容を見ることができないのですが、先日午前中晴れたので「もしかしたら、頂上が観れるのは今シーズン最後になるのか」と思い、

紅葉の鳥海高原ラインを登ってきました。

「滝の小屋登山口」の出発地点(標高1,000m)は既に草紅葉が茶色に変色始めており、高山では静かに長期の冬期間を迎えよう

としていました。

3S1A6864.jpg


3S1A6964.jpg

標高800mにある鶴間池は、まだ緑が多いように感じましたがこれも時間の問題でしょう

3S1A6985.jpg

ランキングに参加しています。
あなたの応援をマウスのボタンでクリックしてください

にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

写真(風景・自然) ブログランキングへ

夕景の風景もいろいろありますね?

自然ははいろいろな夕景を創造することがあります。例えば、水平線に落ちる太陽、雲の切れ間から射す光芒など。

今回UPした1枚は、初めての見る現象最初は何が何だか分からず撮り始めて、途中でこれも虹だと気付いた次第です。

3S1A6594.jpg

太陽が水平線に消える前の光芒です

333T9626.jpg

虹と言えば七色の半円円形の橋だと思いますが、これは単なる七色の塊としか言いようのないものでした。約2分間で消滅してしま

いました

333T9635.jpg

ランキングに参加しています。
あなたの応援をマウスのボタンでクリックしてください

にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

写真(風景・自然) ブログランキングへ
er>

再び夕景に挑戦

10月3日は、単純に太陽が水平線の彼方に沈むだけ風景だったので、再度夕景に挑戦してみました。

夕方、自宅で空を見ていたら雲の隙間から光芒が見えたので、前回とは異なった夕景が撮れるかもと思い、夕景撮影の位置になる

酒田港南防波堤へ。カメラをセットしながら空を見たら厚い雲が陽光の射すのを妨害していましたが、水平線との間に青空が見えた

ので、陽光が輝くのを期待してその瞬間を待ちました。

3S1A6402.jpg


3S1A6384.jpg

夕景撮りは忙しい。前方を撮りながら後ろを見たらこんな風景がありました。もう少し陽光が強ければ素晴らしい一枚が撮れたの

に・・・残念

3S1A6427.jpg

ランキングに参加しています。
あなたの応援をマウスのボタンでクリックしてください

にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

写真(風景・自然) ブログランキングへ

秋はやはりコスモスですね

近所にコスモスを撮れる場所がなくて、どこか自由に撮れる場所がないかと探していましたが、田んぼの中にようやく見つけました。

撮影日は、生憎空は雲が多く、すっきりとした青空を背景にすることができませんが、ようやくブログのページに秋の代表的な花「コス

モス」を飾ることができました。

3S1A6664.jpg


3S1A6626.jpg


3S1A6652.jpg

ランキングに参加しています。
あなたの応援をマウスのボタンでクリックしてください

にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

写真(風景・自然) ブログランキングへ

貧弱な太陽が水平線の彼方へ

最近の夕焼けがあまり良くない。先日も日中澄み切った青空が広がっていたので「もしかしたらきれいな夕日が・・・・?」と期待して、

私の撮影定位置のある酒田港南防波堤でその時を待ちました。結果は、太陽が光は弱いので周辺を赤く染めることができず、単純

に太陽が水平線の彼方に消えていく風景しか見れず、感動のない夕景でした。従って、今回は日没の状況を時系列にUPします。

3S1A6207.jpg


3S1A6219.jpg


3S1A6230.jpg

ランキングに参加しています。
あなたの応援をマウスのボタンでクリックしてください

にほんブログ村 写真ブログ 東北風景写真へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

写真(風景・自然) ブログランキングへ
これまでの訪問者は
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

鶴間

Author:鶴間
地域の四季の移り変わりをコメントと写真で発信しています。
このブログはリンクフリーです。

このブログは著作権法に基づき制作者に著作権があります。従って、許可のないダウンロードやコピーその他一切の行為を禁止します。

最新記事
月別アーカイブ
リンク